Uncategorized

イタリアンの思い出

通っていたい大学のそばにイタリアンのお店がありました。このお店は、それほど価格が高くなかったけど美味しかったので、ゼミの社会人仲間で夕食会をするときなどは大概そこでした。お客さんの中には女子会をしている女子大生、大学生等の若いカップルがいる中で、野郎4~5人が集まって食事をしていました。月1回程度の割合で「常会」と称していました。そして、このイタリアンのお店に行く時は、「イタ飯行く?」というのが習わしでした。みんなで店に着くとピザやパスタなどを頼んでは、小分けにしてみんなで食べました。この方法だとこの店の色々な料理が楽しめるので、ピザやパスタも複数の種類を楽しむことが可能でした。お酒と美味しい料理を楽しみながら、それぞれの研究課題について議論しました。今では多くが卒業してしまって、一緒に行くメンツがほとんどいなくなりましたが、また、機会があればみんなでイタリアンに行きたいものです。「イタ飯行く?」と言える日が来るのを待ちます。 市北沢のイタリアンはこちら

続きを読む

気軽に楽しむイタリアン

イタリアンの基本は、オリーブオイル、にんにく、トマトにイタリアンパセリなど、実はとてもシンプルな素材が中心です。イタリアンの醍醐味はナイフ1本あればどこでも気軽に美味しく作れるということ。また、地域によって全く異なる郷土料理では、レストランで出てくるお洒落な1品とは程遠い肉を焼いただけのものや、豆などと一緒に煮込んだ料理など、シンプルで素材の味を活かした料理が、大皿に盛られてくるような感じです。例えば北イタリアの寒い地域では、オリーブオイルよりもバターを使い、太陽がまぶしい南イタリアでは、オリーブオイルをたっぷりと使った料理が特徴です。複雑な文化が入り混じるシチリア島では、干しブドウなどが入ったアラブ料理の影響を受けたレシピも沢山残っています。現在イタリアンを代表する食材、例えば、モッツアレラチーズやピザなども一昔前はナポリ近郊の食文化であり、海を隔てた地中海に浮かぶ大きな島、サルデーニャ島などでは食べられていなかったそうです。当時は、豆類や季節の野菜を中心とした食事に、時々パスタを食べるなど、今のイメージとは異なる質素でシンプルな食事が現在に伝わるイタリアンの基本です。最後にイタリアンを味わうために欠かせない地元産ワインと一緒に、その土地に伝わる文化や伝統を思い浮かべながら親しみをこめて味わうと、さらにイタリアンを身近に楽しめると思います。 難波のイタリアンはこちら

続きを読む

職人の腕が問われるナポリ式ピザ

イタリアンの代名詞ピザですが、日本で宅配できるピザは2種類の内、 1種類しか頼めないことをご存知ですか? 実はピザにはナポリ式とローマ式の2種類があり、 宅配ピザで作られているのはアメリカで考案されたローマ式しか無いのです。 具体的な違いとして、ナポリ式は食感がモチモチ、ローマ式は生地がカリカリしています。 ナポリ式の食感は焼きたてでしか味わえないので宅配には不向きです。 どうしてもモチモチしたピザが食べたい人はナポリ式のお店へ行きましょう。 作り方の違いですが、電気ヒーターでも出来るローマ式と異なり、 ナポリ式は石釜とスピードを要求されます。 また、焼き具合を見なければならないのですが、戻す際、一度取り出したピザに余計な焦げ目がつかない様、 同じ場所に戻せる熟練したテクニックが必要です。 こうした障害を乗り越えてナポリ式のピザは出来上がっているので、 お店に行った際、派手やかな表面だけではなく、裏面もチラッと覗いて見てください。 職人の腕前が見られますよ。 関内のおすすめイタリアン

続きを読む

イタリアンの魅力

イタリア料理は世界で沢山の人々から愛されている料理です。イタリアアンといえばみんなで仲良くワイワイ楽しく食べる料理のイメージが強いです。ニンニク、オリーブ、トマト、バジル、チーズなどを使った料理を思い浮かびます。 イタリア料理と言えば、パスタ、ピッツアだと思う人は多いでしょうが、イタリア料理にはとっても簡単で、シンプルだけどとってもおいしいアンティパスト(前菜)がたくさんあります。食べ出したら止まらないおいしさのイタリアンはたくさんあります。特に人気のあるのが、トマトとイワシのマリネです。イワシは三枚におろして、塩をふって30分ほど置いておき、30分経ったら、皮をはいで、半分に切ります。白ワインビネガー大さじ4ほどをイワシに振り掛けておきます。生のトマトを薄切りにして皿に盛り付け、一口サイズに切っても食べやすいです。エンダイブを切ってさらに盛り付けたら、イワシも皿に盛りつけて、出来上がりです。イワシは白ワインビネガーとの相性がいいのでとてもおいしいです。 三条のイタリアンはこちら

続きを読む

色々な場面で使えるイタリアン

仲の良い友人との久しぶりの食事や恋人とのデート。毎回どんなお店が良いか悩みますよね。居酒屋だと騒がしいし、フレンチなどの高級なところはお財布が…各国料理も良いけれど、一緒に行く人の好みもはっきりしない。そんな時、一番使いやすくてみんなに喜ばれるのがイタリアン!アラカルトだと、「Antipasti(前菜)」、「Primi Piatti(パスタやリゾットなど)」、「Secondi Piatti(メインの肉か魚)」、「Dolce(デザート)」とオーダーも順番に頼みやすく、何しろメニューが豊富です。前菜ならブルスケッタや新鮮なシーフードのマリネ、たっぷりのハーブを使ったサラダも良いですね。パスタやリゾットもその季節ごとの旬に合わせた食材を組み合わせた店自慢の一品がきっとあるはずです。メイン料理は、お肉やお魚をグリルしたシンプルなものはいかがでしょうか。そして最後はやっぱり甘~いデザートで締めたい!ティラミスやパンナコッタ、冷たいジェラートもそそられます。記念日向きの高級感漂うお店から、みんなでワイワイ楽しめるカジュアルなお店まで、シーンに合わせてエリアごとに選べるというのも魅力です!お食事会・飲み会のお店選びで迷った時にはぜひ「イタリアン」で調べてみてくださいね! 新丸子のイタリアンならこちら

続きを読む

女性受けの良いイタリアン

イタリアンには女性が好むいろいろな要素があって、一番は好みの味であるということ。酸味が効いたコクのあるうまみは女性に好評ですが、味付けが濃くこってりしたものは、むえにゃ消してしまって敬遠されがちですが、イタリアンの味付けのバランスは彼女たちの下を満足させられます。そして、ヘルシーさもメリットで、トマト、オリーブオイルはだれでも知ってる健康食材。また魚、野菜が多くとれることも人気になっていて、最近食が欧米化して肉中心の生活ですが、意外に女性は杯。やさしいうまみなど繊細な感覚を持つ彼女たちに合うもので、ヘルシーであるのも要因の一つ。 またサラダも充実していて、イタリアンの煮込み料理は野菜が豊富で健康的。真っ赤なトマトスープの中に入った野菜は美容によくて、便利。中年男性にとってヘルシーである事はメリットで、体に衰えが出て生活習慣病に注意しなくてはならず、質素な障子で我慢できればいいですが。おいしいものを食べたくなるのが人間なのです。イタリアンで、にっくっけあるものは人気が高いですが、油分が多いのはお勧めできません。 金沢のイタリアンならこちら

続きを読む

とろとろチーズのピザ

イタリアンと言えば!トロトロの溶けたチーズ料理が一番に頭に浮かぶのではないでしょうか? その中でもお勧めしたいのが窯焼きピザ。 焼きたての香ばしい生地とチーズの香り、熱々のソースとチーズを頬張れば口の中で旨味とコクが一気に広がります。 窯焼きピザはイタリアンの醍醐味と言っても過言ではありません。 ではどこのお店で食べる窯焼きピザが自分にとって一番ベストなのでしょう。 それを見極めるためにマルゲリータを食べてみてください。 ピザの中で最もシンプルなマルゲリータ。もちもちした生地にさっぱりしたトマトソース、そして何よりチーズが引き立ち一番ストレートに旨味が味わえます。 生地の食感ももちもち系、そしてふわふわ系、さらにはクリスピー系と分かれており、好みにあったピザ生地を選ぶ事も出来ます。 そしてピザのメインとなるチーズ。濃厚なものから少し酸味のあるもの、しっかりした塩分が楽しめるものまでチーズひとつにしても様々な種類があります。 まずはそれぞれをしっかり味わうことが出来るマリゲリータを食して、自分好みのお店を見つけましょう。   上野のイタリアンならこちら

続きを読む

健康に良いイタリアンも食べ過ぎには注意

イタリアンは健康にいい食材をふんだんにつかっていて、基本的にヘルシーで、美容にうるさい女性も納得して食べられるので、その効果は確かです。そして、一杯食べようとしてる方は、食べ過ぎには注意しましょう。健康的成分が入っていてもたくさん食べればカロリー摂取量オーバーします。そしてイタリアンは低カロリーなものがありますが。それでも大皿で何品も頼むのは度が過ぎます。そして、ワイン飲みすぎも注意しましょう。確かにワインに含まれているポリフェノールは血液をサラサラにしてくれて、若返り成分も入って居て、とても注目されています。たくさん飲んで健康になれる気がしてきますが、体にいい成分はたくさん入ってますが、1回の食事で吸収できる量は限度があって、それを超えれば体外に出されてしまって意味がないです。 ワインはアルコールなので、飲み過ぎると悪影響があり、二日酔いだったり、胃腸の働きを悪くしたりすることも。さらに勃起機能を妨げてしまうケースもあります。   池田でイタリアンをお探しならこちら

続きを読む

石窯で焼くピザの魅力

イタリアンのお店に行く時に何で選ぶかと言えば、まず、パスタとピザが美味しいかです。特に、ピザは石窯で焼いているか、です。ピザは、上に乗ってる具の種類よりも生地が美味しいかで味が決まると思います。イタリアンのお店に大きな石窯があって、そこからいい香りがしていれば、とても食欲をそそります。パスタは、野菜たっぷりで彩りの良いメニューが沢山あれば嬉しいです。盛り付けや付け合わせのサラダが少し工夫されていれば、定番のパスタメニューを頼んでみても、合わせて食べれば、また新しい美味しさと目新しさがあっていいと思います。そして、イタリアンは、やはり女性同士でいく場合が多いので、お店の造りが可愛らしくて清潔感があると、ついつい長居してしまいます。食後にゆっくりコーヒーを飲めるのも、イタリアンの良い点だと思います。定食屋のような所では、どうしても食べるだけになってしまいます。なので、食事とお茶の時間の両方を楽しめると思います。 関内のイタリアンならこちら

続きを読む

使いやすいイタリアン

海外旅行の経験豊かな知人に「今まで旅行に行ったなかで、どこの国の食事が美味しかった」と聞いたとき、「う〜ん、とりあえずイタリアは外れが無かったな」と教えてもらったことがあります。確かにイタリア料理は手頃なサイゼリヤのようなファミレスから、ちょっと背伸びしてお出かけする人気のイタリアンレストランまで、どんなお店に行っても基本的には外れなく、満足した食事ができるイメージがあります。生野菜のサラダや魚介を使った前菜、ちょっとしたスープ、ボリュームのある肉料理、チーズやバジル、ガーリックやオリーブオイルの風味豊かなパスタやピザ、締めのエスプレッソにしっかり甘いドルチェ。コース料理の基本が全て揃っていて、お酒が飲める人ならばワインの赤や白を合わせる楽しみもある。食の細い人でも、逆にがっつり食べたい人にもメニューの選び方で対応できるし、雰囲気や味が好みの店に出会ったら、何度も通って様々なメニューを組み合わせ、季節の食材との組み合わせも楽しめそう。イタリアン、いいですね。 福井でイタリアンをお探しならこちら

続きを読む